Bullfight

2017/12/03

せっかくスペインに来たけぇ

伝統的な闘牛でも見に行こう
マドリードにあるのはラスベンタス闘牛場

f:id:p508007zs:20170829232649j:image

f:id:p508007zs:20170829232656j:image
スペインで一番大きい闘牛場なそうな

闘牛にもいろいろ順番があるみたいで
まずは数人が牛をマントでかわすことから

f:id:p508007zs:20170829232718j:image
次に馬に乗った人が槍で牛を痛めつけ
(ちなみにこの馬はビビらんように目隠しされとる)

f:id:p508007zs:20170829232735j:image
さらに人がでけぇ針みたいなんを
マント無しで刺しに行って
体力を削ったところで
メインの闘牛士登場!

f:id:p508007zs:20170829232756j:image
赤いマントを使うのは主役だけっぽいな
他はみんなピンクじゃった
独壇場でマントをヒラヒラさせ
牛が疲れ果て動きが鈍くなると
最後に剣を急所に突き刺して終了
このとき血を吐いたり
暴れまわったりせず
コロッと殺すのが一流の闘牛士らしい

ほー、なるほど
見とるだけでいろいろわかってくるもんじゃな

闘牛自体はとてもおもしろい経験じゃったけど
いかんせん槍で刺され、針で刺され
血を垂れ流しながらただただマントに突進させられる牛を見るのはなんともいたたまれんなー

殺された後は
角を縄で縛られて馬に引きずられながら退場する様なんか虚しすぎるわ
このために育てられたなんて儚いもんじゃ

ってか3人目のメインの闘牛士さん
牛に突進されて2回宙に舞ってそのまま
退場したんじゃけど…
果たして大丈夫なんじゃろか

牛追い祭には絶対出たくねーと思った夜