こんにちは、りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東チベットの事を書こうとしたら、色々な思い出が浮かんできてうまいこと纏まりません(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

東チベットの記事は、以前少し書いただけ。

 

東チベットとは、地名ではなく

チベット自治区外にあるチベット文化圏の呼び名です。

 

unhuman.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もテーマを絞って書こうとしたけれど、

 

 

 

色々な思い出が浮かんできてうまいこと纏まりません(´;ω;`)

 

 

 

 

 

だめだこりゃ(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃が強すぎて、まだ気持ちが整理出来ていないんです。

 

 

 

 

 

 

だから今日は、私が見た感じた東チベットを、思うがままに綴っていきます。

 

 

 

今日は基礎知識も情報も、あえて書かずにおきます。

 

 

 

 

 

 

ではどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1、厳しい自然環境

 

 

 

季節は冬。標高の高い東チベットはとにかく体が冷えた。

食事は楽しむというよりも、暖を取るためのものだった。

辛いスープ麺ばかり食べていました。

 

 

ドライヤーのない宿に泊まり、濡れた髪のまま外に出たら、

瞬時に髪が凍りました。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151128091321j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151128161120j:plain

 

 

 

 

ちなみにこんなに寒い日にも、お洗濯は外の井戸水で手洗いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2、圧倒的な景色

 

 

特に移動中、車窓から見える自然には飽きることがありませんでした。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151119162332j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151128095814j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151114142359j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3、人々の信仰心

 

 

寺院を時計回りに周回する人々。

f:id:meguroryokoworks:20151128154931j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151003161748j:plain

 

 

 

僧院が集まって出来た、見るも不思議な光景。(ラルンガルゴンパ)

f:id:meguroryokoworks:20151203135104j:plain

 

 

 

 

ラサ・ポタラ宮殿の刺繍も編み。

f:id:meguroryokoworks:20151129190604j:plain

f:id:meguroryokoworks:20151129190538j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その4、飾りのない日常風景。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151125181249j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151120120405j:plain

 

ツァンパ(写真の袋に入った粉)を口に含み、バター茶をすする。

…むせないのかな…。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151125112602j:plain

乗り合いバンの移動は、いつも定員オーバーで出発。ぎゅうぎゅうに詰めて座る。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151125172245j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151203173709j:plain

 

先程のラルンガルゴンパの僧院。赤い美しい風景と打って変わって、内装はバラックのような簡素さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その5、飾らない生と死。

 

 

 

チベット族の結婚式にたまたま出くわしたり。

f:id:meguroryokoworks:20151115113624j:plain

 

f:id:meguroryokoworks:20151115115105j:plain

腕を取り、歌って踊って笑って祝う。

 

その一方で、

鳥葬も見た。

鳥葬とは遺体を鳥に食べさせる葬儀です。

f:id:meguroryokoworks:20151202150320j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その6、助けられてばかりいた。

 

 

寒さと標高と悪路移動で、

体調を崩しやすかったです。

 

寝込んでいたら他の旅人さんに薬をもらったり、心配されたり。

f:id:meguroryokoworks:20151117191514j:plain

 

回復。

f:id:meguroryokoworks:20151119150329j:plain

 

 

 

 

具合が悪い時に乗っていたバスが故障して止まった時もあった。

でも必ず誰かの助けで目的地に着きました。

f:id:meguroryokoworks:20151002153512j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

およそ多くの人がピンと来ない

『生きている』事の実感。

 

 

鳥葬。

おびただしい数の鷹には生が、

ついばまれていく人肉からは死が。

 

ジャッジのない、自然現象としての生死が、むき出しの状態で在りました。

『生きている』私がただそれを見ていました。

 

見ても、結局のところ生と死のことは私には受け止めきれませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

東チベットは大変な出来事も多かったけど、

 

 

それぞれに順位がつけられない程、思い出深いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.