今日は、熊本地震(前震)からちょうど1か月。

 

ちょっとだけ休みをもらったので、前から気になっていた阿蘇に行ってみた。

 

 

 阿蘇神社。

少し多めにお賽銭を入れて参拝。

 


写真では分かりづらいかもしれないけど、楼門が崩壊している。

もちろん神殿までは行けない。

 

 

 

境内のあちらこちらに傷跡が残る。

 

門前町は、まだ時間が早かったので開いていなかった。
お店には(ぱっと見)大きな被害はなかったようだ。

 

宗教に興味があるわけではないが、神社仏閣の類の雰囲気は好きだ。

 

特に阿蘇神社は熊本・阿蘇のシンボルとも言える大事なもの。
ただ、復活には10年以上とも聞く。

見守っていきたい。

 

 

 

 

地震の影響で、県道11号(阿蘇市役所寄り)は古城郵便局のあたりで通行止め。

阿蘇大橋の付近で国道57号線が土砂に埋もれたため、熊本・阿蘇間のルートは、内牧から大観峰へ上る国道212号のみとなるらしい。

 

 

この日は、今年初の真夏日だったらしい。あとでニュースで聞いた。

 

途中、こんな光景に何か所も出くわす。

大自然の前に、人は無力だ。

 

 

 

大観峰の展望所は、相変わらず。

地震の直後はライフラインが断たれてしまったようだが、現在は復旧しているようだ。

今日も元気にバイク乗りが集まっている。
ただ、ちょっと台数が少ないか。

 

考えようによっては、今が気持ちよく阿蘇を走れるチャンスかもしれない。
さすがに観光の車も少ないし。

 

 

お土産でも買っていこうかと思ったが、地元なので目新しいものがない…すまぬ。

あまおうソフトクリームを食す。

 

 

 

近くにある喫茶店も休業。

 

 

まだまだ復興はほど遠い。

 

 

 

ただ、今日見て回った限りでは、阿蘇の人たちのたくましさを感じた。

まだ閉まっている店や、急に出なくなってしまった温泉など、爪痕は残るものの、みんなで立ち上がろう!という雰囲気に勇気づけられた。

 

ぜひ、遊びに来てほしい。

関西圏なら、大分からフェリーで上陸して阿蘇までは行ける。たぶん。

(実際に阿蘇~大分を走ってないので不確かだが)

 

義捐金や物資もありがたいけど、どんどん観光してくれるのも、地元の人にとってこれ以上ない支援なんだ。

走って応援。

バイク乗りよ、どうかね?