700系加速向上

2017/11/12

これまで700系新幹線車両では、東海道区間において発車時などの加速度を毎秒1.6km/h(1.6km/h/s)に設定して運行しておりました。
当社では、平成18年3月の新ATC導入に伴い、700系の加速度を毎秒2.0km/h(2.0km/h/s)に向上させることが可能となったことから、車両の改良を昨年10月より進め、このたび、改良工事が完了しましたのでお知らせします。
これにより、ダイヤの設定が柔軟にできるようになるほか、列車遅延時の回復力が向上するなど、安定輸送が一層確保できるようになります。

JR西日本のB編成は?